top of page

ゴルフスイング作りについてのアドバイス、ゴルフのスイング修正する時に悩みの減らし方

更新日:2022年10月19日


ゴルフのスイングを良くしたい、これは皆様考えられるところですよね

でもなかなか治らない、色々やってるのに・・・

これの理由を書いておこうと思います。


1,打つ時に考えるのはやめよう



初っ端から何を言ってるんだとなりそうですが、これはボールに構えてから打つ時に話です。

考えるということと体動かすことは脳をどちらも使います、ましてや慣れていない動きをするのにボールに構えてから考えていると、緊張感で元の動きをしてしまう方が多いです。



2, 考えるタイミング


動きを修正するには素振りや、クラブすら持たないドリル、トレーニングがおすすめです。

ボールを打つということをすると、ボールの結果が気になってしまいます、新しくやることに対しては、自分の中に信頼性がないので半信半疑です。

素振りやドリルを大袈裟にやることで体に慣らしていきます、プラスその姿をスマホなどで動画を撮り確認して見るのがより効果的です!

姿を見て主観なイメージ客観的に見る結果のギャップを埋めていくのが近道




3,1時間の練習でやっていること


私たちのようなゴルフをレッスンさせていただいても、自分のスイングについては考え練習している方がほとんどです。

1時間でスイングの動きを直すときはハーフスイングで行います。

手を使ってない振り幅になるとその分考えることと動きが減り、修正する内容に集中できます、何よりハーフスイングだからフルスイングよりもボールが曲がったり飛ばなくても気にならないからです。



4,ゴルフのスイングは個々が絶妙なバランスでもってスイングしていることを知る


例えばスイングの修正をしよう!体の起き上がりがあるから無くしたいな!前傾をキープして振ろう!

これ、間違ってないんです、ただ正解でもないんです。

体が起き上がる動きをしなくてはボールにうまく当たらない動きをどこかがしているのです。(多くがクラブヘッドを落としているということが多いです)

天秤の重さが吊りあった状態があなたのスイングです、どちらかのお皿の重さを変えるともう片方の重さも変えなくてはスイングは成り立ちません。

なので1箇所の修正で直らないことはよくあります。


5,1回はレッスンへ行ってこう!


ゴルフのレッスンに行ったことがあるという方はそんなに多くはありません。

ただ、知識や見え方などを知っておくことが大事です。

多様な情報が得られる時代だからこそ、その中で何が自分に必要なのかを知っておきましょう。


まとめ


YouTubeやSNSでも情報が得られる時代ですが、自分に必要なものを選択できるようにしておくことが大事です、昔に比べてレッスンにお金をかけなくてもスイングは身につけられる時代にはなってます、なのでポイントはおさえておきましょう!

最新記事

すべて表示

2023年11月の営業が終わりました

ゴルフの魅力を育てるゴルフスタジオ『ゴルタス』です。 2023年11月最後の営業はコースレッスンとスタジオレッスンの予約が満員という状態で終わらせていただきました。 最近運動生理学の方の勉強に力を入れておりまして、どのようにすれば動かしにくいと言われる場所が動きやすくなるか、それを人に合わせてどのようにするかとなる部分が新規の方にもハマりやすく飛距離が伸びたりミスが減ったりの声を聴かせていただいて

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page