top of page

パター、性能通り使えてますか?

更新日:2022年10月19日

ゴルフの魅力を育てるゴルフスタジオ「ゴルタス」です。

ゴルフスタジオでレッスンがメインなのにクラブの話が多いです。

今回はパター選びについてよく聞かれるので、ほんとさわりの基本の話だけ


パターのヘッドは色々な形があります、「ピン型」「マレット型」「ネオマレット型」

それぞれのヘッド形状によってクラブがフェースバランスタイプやノンフェースバランスタイプになったりとクラブの重心位置が変わることでパターをストロークする時の動かし方が変わります。


フェースバランスなのか、ノンフェースバランスなのかを判断する方法は、写真のようにヘッドを中に浮かすようにパターを置いた時の倶楽部フェースの向きです。

写真左側のマレット型のパター「オデッセイホワイトホット」は真上を向いているのでフェースバランスタイプ

写真右側のピン型のパター「ベティナルディスタジオセレクト」は斜めを向いているのでノンフェースバランスタイプのパターとなります。


ノンフェースバランスタイプについてはクラブの斜め向き度合いはクラブによって異なります。

マレット型はフェースバランスタイプのものが多い傾向にあり、ピン型がノンフェースバランスのものが多い傾向にあります、メーカーさんによってピン型でノンフェースバランスで出しているものも有ります。


初心者の方のパター選びをさせていただく際に、初心者セット(特に女性のセット)にはマレット型のものが入っていることが多いですが、一緒に選びに行かせていただく際に

何の前情報も言わずにマレット型とピン型のパターを打っていただき、向いているものをお選びいたしますとなった際に、よく選ぶのが実はピン型のことが多いです。


今年に入って初心者の方のパター4本選ばせていただきましたが、なんの先入観もない方がパターを打つと大体がノンフェースバランスタイプの方が狙ったところに打ちやすい傾向にあります。


打つ時のクラブの開閉によってこの2種類変わるのですが、ほとんどの方がストロークを引いた際にフェースを開き、フォロースルーで閉じている傾向にあります、なので初心者の方が何もわからずマレットタイプを使っていると悩んでおられる方が一定数いらっしゃるのではないかと思います。


                              ゴルタス 米光祥太


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年11月の営業が終わりました

ゴルフの魅力を育てるゴルフスタジオ『ゴルタス』です。 2023年11月最後の営業はコースレッスンとスタジオレッスンの予約が満員という状態で終わらせていただきました。 最近運動生理学の方の勉強に力を入れておりまして、どのようにすれば動かしにくいと言われる場所が動きやすくなるか、それを人に合わせてどのようにするかとなる部分が新規の方にもハマりやすく飛距離が伸びたりミスが減ったりの声を聴かせていただいて

Comments


bottom of page