top of page

能動的動作と受動的動作 part2

ゴルフの魅力を育てるゴルフスタジオ「ゴルタス」です




前回の続きで、野球のバッティングフォームのシンプルな考え方をゴルフでも出来たらいいなという話になります


ゴルフ場や、練習におけるスイングをする時の目標「より遠くへ飛ばしたい」、「曲げないように打つ」、「チョロ、ダフリ、トップをしない」

スイングをすることだけを考えたいのに目標が多くなりがちです。


そうするとスイング中にやることが増えてしまいますので、ボールに構えてから能動的にする運動が多すぎてしまう方が発生します、でもゴルフだから難しくて当たり前でしょってなっていませんか?


ゴルフスイングもスポーツなので、まずはどれだけ受動的に体が動いてくれるのか、がスタートになるべきと考えています。


ゴルフのスイングで「頭が横に動いてるよ」など、言われたりする経験あると思います、でも結果が良かった時にそういった事を言われることって少ないと感じたことありませんか?


そうすると能動的にやることがまた増えるんです、どんどん難しくなるんです

頭が動いているのは結果なんで、頭を固定してスイングすると上手く捻転できず、運動量不足で飛距離が落ちたりして、補うために余計に頭が動いたりして…


なのでまずはシンプルにしっかり振ること、そこから修正する点については、素振りで大袈裟にやって体に馴染ませていったりして、時間が経てばスイングが変わってきている、というのが良いと思います。


実際にレッスンに来ていただいた方の、飛距離が20ヤード伸びた時

そのスイングを見ていただいても、「自分じゃ何が変わったかわからない」これをいう方がほとんどです。


なのでレッスンには普段の練習方法を提案させていただき、それをまた確認修正・提案の繰り返し、受動的にできることがどれだけ増えるか、これが私の考える良いスイングです。


当スタジオにて、週1回レッスン来ていただく方もいらっしゃいますが、レッスンとは別に週に1回の自己練習している方ばかりなので、この考え方に賛同していただいてるのは本当に感謝しかないです。


これからも多くの方のゴルフのために動いていこうと思います。


                                ゴルタス 米光祥太

                   

最新記事

すべて表示
bottom of page